ごあいさつ

多くの皆さんのご支援を頂き、市議会議員として3期12年を迎えることとなりました。

本年は、新型コロナウイルス感染症に伴う緊急事態宣言の下、活動自粛によって、日頃の日常生活は変わってしまい、経済活動も大きな課題として私たちの前に押し寄せています。

このような大きな課題の中、限られた予算の中で、公共施設マネジメントの推進は、大きな課題のひとつでもあります。多くの市民の皆様の声を聞き、「今なすべきことは何か」を実現できるよう行動していきたいと思います。「住んでよかった街入間・住み続けたいと実感できる街入間」の為に全力を尽くして参ります。

「汗動・看動・貫働」のカンドウ3信条を基本として、今後とも皆様方のご意見を伺い、お応えできますよう、精一杯頑張って参ります。多くの皆様より一層のご理解、ご支援をお願い申しあげます。

小島清人

市民の皆さんと向き合います

1.安心安全に向かって!

  • 災害対策の見直しと強化について向き合います。
  • 感染症対策についての啓発や安全対策の継続に向き合います。
  • 幼稚園・保育園・認定こども園の散歩等の圏外保育などの安全のためにキッズゾーンの設定を推進するために向き合います。

2.暮らしに向かって!

  • 住んでいる地域によって。異なる問題を住んでいる方と向き合っていきます。(まず地域)
  • 少子高齢化の進む中、人と人のふれ合いを大切に向き合います。(まず暮らし)
  • 自助・共助・公助、助け合いで地域の暮らしを充実します。

3.デジタル化に向かって!

  • 新型コロナウイルスによって、すべての生活様式が変わっていく中で仕事も学校教育もデジタル化に向かって大きく進めていきます。

4.地域(黒須・高倉地域)に向かって!

  • 公共施設マネジメント事業計画で黒須・高倉地区は豊岡第三地区となり公民館を統合し地区センターが始まります。住み良い街づくりのために邁進します。